Viagraバイアグラの効果や副作用、服用時の注意点

オンライン診療での
郵送処方も可能です。
気になる方はこちらから
ご確認ください。

Reasonsライズクリニック錦糸町が
選ばれる
4つの理由

初診からオンライン診療OK

初診から
オンライン診療OK

安心・安全の国内承認薬のみを処方

安心・安全の
国内・海外承認薬のみを処方

ご自宅から受診可能

ご自宅から
受診可能

アプリ不要 スマホ・PCからオンライン診療

アプリ不要
スマホ・PCから
オンライン診療

Chapter 1バイアグラとは?

バイアグラとは世界で初めて製品化されたED治療薬のことです。1998年にアメリカのファイザー株式会社により開発され、日本では1999年1月にED治療薬として承認されました。現在では国内外含め、広く普及しているED治療薬として認知されています

Chapter 2バイアグラの
効果

バイアグラの特徴は「強い勃起力」です。レビトラシアリス、ステンドラなどのED治療薬に比べ、優れた勃起力が期待できます。
バイアグラに含まれるシルデナフィルが、EDの原因となるPDE5の働きを抑制することで勃起が維持されます。

参照:添付文書情報「医療用医薬品:バイアグラ」

Chapter 3バイアグラの
用法・容量

1日1回の服用とし、25mgもしくは50mgを服用してください。
性行為を行う約1時間前に、1錠を水やお湯などで服用しましょう。

Chapter 4バイアグラを服用して
効果が得られる
までの時間

服用後、約1時間後から効果が期待できます。性的な刺激を受けることで、十分な勃起が得られるでしょう。
効果が現れるまでの時間については、他のED治療薬であるレビトラ(約30分)に比べるとやや遅いですが、 シアリス(約1時間〜2時間)に比べると早いです。

Chapter 5バイアグラを服用した後の
持続時間

個人によって差がありますが、服用した後の持続時間は、約4時間〜5時間になります。
レビトラ(約5時間〜10時間)やシアリス(約30時間〜36時間)に比べると持続時間は劣るでしょう。

Chapter 6バイアグラの
副作用

バイアグラは用法・容量を守ることで安全に使用できます。一方で、一定の副作用が生じる可能性もあります。

【バイアグラの副作用】
1%以上

1%以上の確率で次の症状が生じる場合があります。

  • 血管拡張(ほてり・潮紅)【5.78%】
  • 頭痛【3.78%】

【バイアグラの副作用】
0.1〜1%未満

0.1〜1%未満の確率で次の症状が生じる場合があります。

  • 胸痛、動悸、頻脈
  • めまい、傾眠、昏迷
  • AST増加
  • 悪心、胃腸障害、口渇、消化不良、腹痛
  • 鼻炎
  • 関節痛、筋肉痛
  • 発疹
  • 眼充血、結膜炎、彩視症、視覚障害
  • CK増加、疼痛、熱感

【バイアグラの副作用】
0.1未満

0.1未満の確率で次の症状が生じる場合があります。

  • 高血圧、不整脈、不完全右脚ブロック、末梢性浮腫
  • 異常感覚、下肢痙攣、記憶力低下、興奮、緊張亢進、錯乱、思考異常、神経炎、神経過敏、神経症、不安、不眠症、無気力
  • ALT増加、LAP上昇、LDH増加、血中トリグリセリド増加、γ-GTP増加、血清リン脂質上昇、血中アミラーゼ増加、血中アルブミン減少、血中ビリルビン増加、総蛋白減少
  • おくび、胃炎、胃不快感、下痢、口唇乾燥、舌障害、白舌、腹部膨満、便秘、嘔吐、嚥下障害
  • 陰茎痛、射精障害、朝立ちの延長、半勃起持続
  • 呼吸障害、鼻閉、咽頭炎、喘息
  • 骨痛、背部痛
  • そう痒症、眼瞼そう痒症、脱毛症、男性型多毛症、発汗、皮膚乾燥、皮膚障害、紅斑
  • ヘマトクリット減少、ヘマトクリット増加、ヘモグロビン減少、リンパ球減少症、リンパ球増加症、好酸球増加症、赤血球減少症、赤血球増加症、白血球増加症
  • 眼乾燥、眼痛、屈折障害、光視症、味覚異常、味覚消失、流涙異常、羞明
  • BUN増加、インフルエンザ症候群、リンパ節症、血中ナトリウム減少、血中リン増加、体重増加、血中尿酸増加、ウロビリノーゲン陽性、尿中ブドウ糖陽性、尿中赤血球陽性、尿中蛋白陽性、疲労、無力症

【バイアグラの副作用】
頻度不明

頻度不明で次の症状が生じる場合があります。

  • 心筋梗塞、低血圧、失神
  • 勃起の延長、持続勃起、尿路感染、前立腺疾患
  • 鼻出血、気道感染症、副鼻腔炎
  • 霧視、視力低下、網膜出血、網膜静脈閉塞、突発性難聴
  • 過敏性反応、感染症

Chapter 7バイアグラ服用における
注意事項

服用における注意すべき点や禁忌について解説します。

バイアグラを服用
してはいけない方

服用してはいけない方は次の通りです。

  • バイアグラの成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)を投与中の患者
  • 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者
  • 重度の肝機能障害のある患者
  • 低血圧の患者(血圧<90/50mmHg)又は治療による管理がなされていない高血圧の患者(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg)
  • 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者
  • 網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼの遺伝的障害を持つ症例が少数認められる。]
  • アミオダロン塩酸塩(経口剤)を投与中の患者
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を投与中の患者

バイアグラと併用
してはいけない薬

服用してはいけない主な薬は次の通りです。

  • sGC刺激剤
  • NO供与剤及び硝酸剤

バイアグラ服用時の注意点

服用時の注意点は次の通りです。

  • 空腹時に使用しなければ効果が得られにくい
  • アルコール類を飲みすぎると効果が得られにくい
  • グレープフルーツと併用すると副作用が出る場合がある

Chapter 8バイアグラにおける
国産品と
輸入品の違い

バイアグラは医療機関で国産品が処方されますが、通販サイトでは輸入品が購入できます。国産品と輸入品の違いは「容量」と「価格」です。
国産品は50mgの処方が最大ですが、輸入品は100mgのものが手に入ります。また輸入品の方が国産品より安く手に入る場合があります。
一方で、通販サイトなどの輸入品は、偽物が多いです。もし輸入品を服用した場合、重篤な副作用が生じるリスクがあります。そのため、バイアグラは医療機関で処方されたものを服用しましょう。

お困りごとや
ご不明点がございましたら
なんでもお気軽に
ご相談ください。

TOP
LINE